どう&だいが副業でお金を稼ぐようです。

フルタイムで働きながらできるアメリカの副業一覧(131個)

フルタイムで働ぎながらできる副業(アメリカ)

投稿者:どう

アメリカではどんな副業があるのか?
ほぼ全てを紹介したアメリカの人気サイトの記事を見つけましたので紹介します。

101 Best Side Business Ideas to Start While Working Full-Time (in 2018)

機械翻訳&修正していますが、
一部直訳的なものがあり、理解が難しいと思います。
詳しくは上記の引用元サイトを見てください。

アメリカの副業一覧

NO. 副業名
1 グラフィックデザイン
2 ウェブデザイン
3 ウェブ開発
4 オンラインコース(講義)
5 電子ブック
6 Instagramマーケティング
7 オンラインコーチング
8 ポッドキャスティング
9 Amazonでの再販
10 ローカルビジネスコンサルティング
11 スマホケースのビジネス
12 コミッションのみの販売
13 アフィリエイトの販売とマーケティング
14 仮想アシスタント
15 税金の計算
16 オンラインでの英語教師/先生
17 SAT(入学テスト)の教師
18 ソーシャルメディアマネージャー
19 Google有料広告スペシャリスト
20 ブログを開始する
21 プレゼンテーションデザインコンサルタント
22 旅行コンサルタント
23 ランディングページスペシャリスト
24 インテリアデザインコンサルタント
25 ハウスシッター
26 ベビーシッター
27 資産マネージャ
28 (ハンドメイド作品を)Etsyで売る
29 Ebayセールス
30 Fiverrというサイトでサービスを売る
31 大学入試のエッセイエディタ
32 ポートレート写真家
33 結婚式の写真家
34 オンラインデートコンサルタント
35 エロフィクションを書く
36 グリーティングカードを書く
37 ワードプレスのウェブサイトのコンサルタント
38 UberやLyftでドライバーになる
39 Turoで車を借す
40 アートコレクター
41 料理を提供するビジネス
42 アプリケーションを開発する
43 オンラインニュース特派員
44 何か特許を取る
45 ドメインを購入し売る
46 期間限定ショップを開始する
47 あなた自身のビールを生み出す
48 フリーランスの校正と編集
49 中古の電子機器を購入し、それらを改装する
50 データ分析
51 エレクトロニクス店から部品を購入する
52 フリーランスライティング&コピーライティング
53 ライセンス製品代理店
54 オンラインアンケートをやる
55 Airbnbで民泊を始める
56 パーソナルフィットネストレーナー
57 ヨガまたは瞑想のインストラクター
58 YouTubeチャンネルを開始する
59 翻訳者
60 ツアーガイド
61 音楽教師
62 ストックフォトグラファー
63 ゴーストライター
64 オンライン外注
65 DJになる
66 衣類の改造と仕立て
67 DIYを教える
68 パンを作る
69  Task Rabbitで便利屋をする
70 フリーランスのコンテンツマーケティング
71 フリーランスの電子書籍ライティング
72 あなたのお金を投資する
73 他者の金銭を投資する
72 会計と簿記
75 ニッチウェブサイトの構築
76 洗車ビジネスを始める
77 介護
78 カーペットクリーニング
79 ハウスクリーニング
80 育児
81 コンピューターの修理
82 モデリング
83 コンピュータートレーニングとレッスン
84 契約顧客サービス
85 犬の散歩
86 不動産セールスコンサルタント
87 カスタム家具を作る
88 手作りジュエリーを作る
89 Gigwalkerにて仕事を請け負う
90 不動産鑑定
91 看板持ちの仕事をする
92 既存のウェブサイトの購入
93 モバイルランドリーサービス
94 迷惑メール除去サービス
95 公証人になる
96 ウェディングプランニング
97 イベントとパーティーの計画
98 個人シェフになる
99 ペットシッターになる
100 ペットグルーミング(手入れ)
101 プールクリーニング
102 Amazonでのプライベートラベリングと製品の販売
103 レクリエーションスポーツゲームの審判
104 TeeSpringでの販売(デザインシャツ)
105 フリーランスクライアント用のカスタムソフトウェアを構築する
106 スポーツチームの指導
107 Tシャツ印刷事業
108 車両広告
109 窓清掃サービス
110 Mechanical Turk(クラウドソーシング)で働く
111 ヤードワークサービス(庭仕事)
112 公聴会
113 カレッジカウンセリング
114 季節の装飾をする
115 スノープレー
116 手作りの衣服と衣料品の販売
117 アンティーク修復
118 ダンスインストラクター
119 パートタイム自転車配達
120 在宅のメイクアップサービス
121 ナレーターのタレント
122 自動車の購入と販売
123 中小企業マーケティングコンサルタント
124 専門組織化
125 自分のスペースを借す
126 Chrome拡張機能を開発する
127 花のデザイン
128 リサイクル
129 地域企業のためのゴミの除去
130 ブランド大使
131 キャリアコーチ

考察

自分の特技を生かす副業が目立ちます。

アメリカは専門性を高めて、それで食っていく生き方なので、
副業も「コンサル」「コーチ」などが多い。

日本は「転売」「アフィリエイト」「フリマ」と、
匿名でこっそりやる副業が主流です。
これは「副業禁止」という企業ルールのせいだと思います。
正社員が「ピアノ教室」を開くのは難しい。

あと日本と違うところは、
副業を支援するサービスがとても多いことです。
時間いくらで自分自身の特技等を売るサービスなどが豊富。

日本ではフリーランスくらいしかやっていないですが、
アメリカはリーマンでもやるのだろう。

一人一人の能力を100%生かせる社会、そう感じました。
日本もいずれこうなる可能性は高いので、
特技、専門性を高める意識をしていきたい。

--

以上、フルタイムで働きながらできるアメリカの副業一覧(131個)でした。

「副業の調査」の記事
ランダム

コンテンツ

どう&だいが副業でお金を稼ぐようです。