どう&だいが副業でお金を稼ぐようです。

メルカリでの値付けの5つコツ

メルカリ 値付けの5つのコツ

投稿者:どう

メルカリではどの程度の値付けが良いか?
これが一番迷うところで、楽しいところでもあります。

気を付ける点を語る。

1、転売防止

本当はもっと安く売ってもいいのだけど、
安くすると確実に転売ヤーに買われる。

激安での販売は何のメリットもありません。
間違いなく転売ヤーに即買いされ、Amazonマケプレに並びます。
これは悔しいので絶対に阻止。

したがって、Amazonマケプレより少し安い程度で売ると良い。
Amazonにない場合は駿河屋を参考。
駿河屋の場合、送料を考えて少し高めにすると良い。

値下げを期待して転売ヤーが「いいね」をしてきますが、
絶対に転売は防止しよう。

2、相場を大きく超えない

相場の倍の値段とか、馬鹿丸出しです。

メルカリなので好きな値段で良いのですが、
100円で買えるものを1200円とするなど、
あまりにもかけ離れている場合は評価ダウン。

騙して売っているのと同じです。
自分は安くなったとしてもそんな人からは買いません。

ほとんどの商品を相場より安く売っている人はフォローされます。
それを狙って、「メルカリ=お得」と思わせる価格で売りたい。

3、最初から最安値にしない

値下げ前提での価格設定を。

他の出品者が最安値だったとしても、
自分は少し高い値段を付けて売ります。

間違いなく、すぐには売れません。
しかし、「値下げ交渉をされやすい」という利点がある。
最安値の商品を値切るのは度胸がいるものです。

その値下げ交渉でライバルを安い値段を提示すると、売れる。
こういった戦略が使えるので、最初から最安値にはしないようにしたい。
いつでも値段は変更できます。

最安値は相場を下げて自ら首を絞める結果にもなりかねない。
せどらー暗黙のルール。

4、ぴったり価格にしない

5000円など、ぴったり価格は適当な値付けを感じさせる。

これはリアルな店舗でも同じです。
5000円より4800円。100円より94円。
「頑張って値付けしてます!」というのが伝わる。

相場よりはるかに安いなら問題ありませんが、
自分しか売っていないような商品は気を付けたい。

おおよそ値下げができるものですが、
人によっては値下げ交渉に抵抗がある人もいます。
そんな人のために、「妥当な値段」と思わせる値段にしたい。

5、300円は止めよう

300円で売れても利益は100円。
そんなことしている場合じゃない。

300円は売れやすいですが、売る価値はない。
したがって、そういう処分商品は残しておき、
「まとめ売り」として一気に売るのが良いです。

もしくは他の商品との「まとめ買い」を期待して、
400円~500円で売っておくのも良い。
こうするとよく買ってくれます。

そうすると300円で売っても利益が300円になる。

まとめ

相場のチェックをしっかりして、
「フォローすべき出品者」と思わせよう。

そうすると、いつも買ってくれる「常連さん」も得られます。
自分の場合はコレクション商品をよく扱うため、
いつも自分の出品を狙っている人がいます。

こういう期待もあり、あまり変な値付けはできない。
「常にチェックされている」と考え、適正な値付けを心がけたい。

--

以上、「メルカリでの値付けの5つコツ」でした。

「せどり(転売)」の記事
ランダム

コンテンツ

どう&だいが副業でお金を稼ぐようです。