どう&だいが副業でお金を稼ぐようです。

売上が増えるメルカリのプロフィール欄の書き方

メルカリ 売上が増える プロフィール

投稿者:どう

メルカリはプロフィール欄にもこだわりたい。
購入前には誰もが確認すると思うので、
この内容次第で売れ行きが違ってくる。

何を書いたらいいか?コツを紹介。

1、常識ある人をアピール

社会人なら社会人とアピールした方が良い。

メルカリで一番避けたいのが「子供」です。
プロフィールで社会人とわかるとかなり安心。

子供(学生)の場合でも「学生です」とは書かない方がいい。
書いてプラスになることは一切ない。
子供だからと許してくれる世界ではありません。

2、プロフィール画像はアニメ・ゲーム以外

アニメやゲームキャラというだけで、ほぼ子供と見られる。

もちろん社会人でもアニメキャラにしている人がいますが、
やはりこれもプラスになることはほぼ無い。
やっていいのは絵描きさんくらいです。

そもそも他人の絵を使うのは著作権違反。
そんなルールも守れない人とアピールしているようなもの。

3、マイルールを書かない

返品拒否やコメント必須などは書くのはマイナス。

メルカリの利用規約を遵守することが前提。
規約の通り利用する誠実なユーザーに文句を言ってはいけない。
あまりにも自己中心的です。

これを書くと、「かなり神経質な出品者」と思われます。
もしくは悪質な出品者と疑ってしまう。

メルカリは高確率でトラブルが発生します。
それをマイルールで防ぎたい気持ちはわかりますが、
利用規約に全て書かれてあるので、書いても書かなくても同じ。

商売なのでトラブルに遭って当たり前。
売る相手(お客様)を選べないのがメルカリです。
リスクを受け入れる覚悟を。

4、まとめ買い対応可を書く

複数購入で割引するなら書いた方がいい。

これを書いただけで、まとめ買いコメントが増えました。
プロフィール欄に絶対に書いておきたい項目です。
おおよそ、送料分の割引にすると良い。

単品じゃ売れないような商品も、まとめ買いだと売れることがある。
したがって、出品数はできるだけ多くするのがコツ。

5、即購入・コメント無しOKを書く

購入前のコメントなど不要なので、それは書く。

商品ページに書いても良いですが、
プロフィールページに書いても十分です。
基本的には見てくれます。

コメントを全くしない人は一定数存在します。
そんな人は評価が悪くなりがちですが、お客さんとしては全く問題ない。
ただもちろん、出品者側はお礼のコメントをするのが必須。

コメント必須だと売れるチャンスが減ってしまう。
商売としてやるべきではない。

6、返品可と書く

規約に沿った返品はしっかり対応する旨を書く。

購入者が一番心配なのが、騙されて買うことです。
その場合は返品できるのがメルカリなのですが、
中には返品拒否する悪質な出品者がいます。

この不安を取り除くのが「返品可」の記載。
業としてやっている人はだいたい書いています。
誠実に対応いたします、と。

一つや二つ返品されたところで痛くも痒くもない。
そんなところで戦うより、即座に返品・返金です。

7、しっかりとした敬語で書く

一般常識ある人、誠実な人柄を伝える。

これは内容ではなく、書き方です。
社会人らしく敬語で書き、しっかり者をアピール。
「この人は大丈夫そうだな」と感じさせます。

ここがしっかりしていないと、全てが台無しになる。
こんなのはくそ真面目で良い。
ウケ狙いで変な文章にするより、ビジネス文書です。

まとめ

購入検討者に安心を与える内容に。

マイルールでマイナス感情ばかり与えるのは最悪です。
そんなことより、しっかりした社会人をアピールし、
「この人は騙せなさそう」と思わせる方が良いです。

このプロフィールに変更したところ、
明らかに売り上げが増えました。
終始コメント無し購入も普通にあります。

こんな簡単なことで大きな利益。
是非、参考にしてみてください。

--

以上、「売上が増えるメルカリのプロフィール欄の書き方」でした。

「せどり(転売)」の記事
ランダム

コンテンツ

どう&だいが副業でお金を稼ぐようです。