どう&だいが副業でお金を稼ぐようです。

書籍(本)の角潰れを防止する5つの梱包方法

書籍の角潰れを防ぐ5つの梱包方法

投稿者:どう

書籍の梱包は奥が深い。
コスパ重視か、低評価回避重視か。

大手の通販サイトによっても全然違う。
そこで、完璧にまとめてみました。
この5つを覚えればOK。

せどらーの真似はしないこと

せどらーの梱包はコスト重視。低評価の危険あり

何も保護せず、ただ封筒に入れただけでは角が潰れる。

OPP袋に入れて封筒とか、副業ではおすすめできない。
封筒はかなり雑に扱われるので、角へのダメージは大きい。
「目立った傷無し」の商品の場合、高確率で低評価がつくだろう。

OPP袋に入れただけでもダメ。
最低でもプチプチ包みをしないといけない。

そして、大きさなどにより使い分けすることが大事。
では、5つの梱包方法を説明します。

1、外周補強封筒を使う

書籍(本)の角潰れ防止方法1:外周補強封筒を使う

これはAmazonや楽天ブックスなどが使っている封筒です。

薄いダンボール封筒の場合もあります。
上下を平たく潰して固くしており、中身へのダメージを抑える仕様。
これだと落下させても影響は少ない。

手軽で理想なのですが、普通では購入できずコストも高い。
厚手の封筒の外周をテープ補強するという手もありますが、
いかんせん個人では難しい。

2、プチプチで包む

書籍(本)の角潰れ防止方法2:プチプチで包む

もっとも一般的な補強方法です。

プチプチで包むだけで、ほぼ完璧。
しかし、これがまた包み方を知らない人が多すぎる。

几帳面にぴったり綺麗に包んじゃダメです。
上図のように外周を余らせて包み、外周・角を補強します。

これは書籍だけではなく、なんにでも言えることです。
必ず余らせて、余った分を丸めるなどして補強を。
隙間埋めにも使える技です。

クリックポストなどの場合、厚みに注意。

3、ダンボール梱包にする

書籍(本)の角潰れ防止方法3:ダンボール梱包にする

ダンボールに入れれば角潰れはほぼ回避できます。
しかし、注意したいのが「動かないように固定する」こと。

ただダンボールに入れただけでは当然ダメ。
プチプチで包んでも、隙間を埋めないとダメ。
Amazonなどは別途ダンボール板に書籍を置き、フィルムで固定しています。
そのダンボール板を接着剤で固定しているので、完璧。

個人でもできるので、私はこのAmazon仕様でやっています。
ただ、当然ながらコストは高い。
本業せどらーはまずやらない方法です。

完全に高評価狙いの包装となる。
また、ポストに入らないことが多く、返送されることも。
ここはリスクとして受け入れる必要がある。

4、ダンボールに挟む

書籍(本)の角潰れ防止方法4:ダンボールで挟む

ダンボールを挟むと完全ガード。

書籍より少し大きいダンボールを挟み、
しっかり固定するとダメージは全てダンボールにいくので完璧。

問題はその固定方法です。
輪ゴムではしっかり固定できないので、
ストレッチフィルムなどを使う必要がある。

そして、ちょうどよい大きさのダンボールはなく、
都度切って用意しないといけない。
単発なら良いですが、毎回毎回はやってられない。

特殊な場合にやるようにしたい。

5、クリアファイルに入れる

書籍(本)の角潰れ防止方法5:クリアファイルを使う

大きい書籍の場合、クリアファイルという手もある。

まとめ買いすれば1枚10円程度なので、
コスト的にもそう問題はない。
全周がしっかり補強されるので、ダメージはほぼ受けない。

もちろん、書籍を入れたクリアファイルを封筒に入れます。
さすがにクリアファイルのままでは不格好過ぎる。
簡易的な全周補強封筒となり、購入者側も地味に嬉しい。

書籍の大きさにより、テープ止めするなど工夫を。

まとめ

基本的にはプチプチ包みで良い。
完璧を求めるならダンボール梱包を。

せどらーのようにOPP袋で封筒にポイッでもいいとは思います。
でも、確実に角潰れの危険があるので、低評価は覚悟。

副業の場合、少しの低評価が命取りになるので、
少し高くなってもプチプチを使いたい。
通販でまとめ買いすれば安いので、これくらいの投資はしておくことをお勧めします。

大丈夫。使い切るほど売れば問題ない。

--

以上、「書籍(本)の角潰れを防止する5つの梱包方法」でした。

「せどり(転売)」の記事
ランダム

コンテンツ

どう&だいが副業でお金を稼ぐようです。