どう&だいが副業でお金を稼ぐようです。

アフィリエイトの将来性はどうなのか?

アフィリエイト 将来性はどうなのか?

投稿者:どう

アフィリエイトは年々難しくなっています。
副業を扱う雑誌でも、取り上げられることが減り、
Youtubeなんかの方が人気になっています。

もう個人は厳しい

大企業がアフィリエイトに続々と参入している

アフィリエイトは企業がどんどん参加し、
かつ儲けた個人が法人になり力を付けています。

広告が美味しい競争の激しいジャンルは、
もはや個人は太刀打ちできないレベルになっています。
企業がお金をかけてコンテンツを作り、もうお手上げ。

そして、「キュレーションサイト」など、
大量に人を雇い、記事を量産する企業が続出。
簡単な雑学レベルでも、もう検索結果は占領されています。

個人で残っているのは、趣味のマニアックなサイトや、
企業が真似できないような「2chまとめサイト」など。
基本的に、企業は悪口をあまり書けないので、
そのあたりは個人サイトが強いです。

しかし無理ではない

ブロガーは廃れず、今後も伸びる

個人の強みを生かしたジャンルでの勝負はできる。

個人を売りにする「ブロガー」なんかは、
いつまでも生き残るジャンルです。
しかし、「かなりできる人」じゃないと厳しい。

そして、良いことではないですが、
著作権を無視する企業が真似できないジャンルも勝てる。
ステマのような怪しいサイトも企業のライバルは少ない。

こういった「個人が勝てるジャンル」を考え、
そのサイトを継続して育てていけるか?が今後の勝負となってきます。

どんな人なら稼げる?

戦略を立てての実行が一番大事

「戦略を立てられる人」です。

しっかりと現状を把握して、確実に勝てるサイトを作成する。
こういったサイトはない。需要はある。企業は参入不可能。
だから間違いなく勝てる、と。

昔のアフィリエイトは「何も考えず記事量産すればOK」でした。
今はもう「トップクラスのサイトを作らないとゴミ」です。
裏技で検索結果1位にすることもできない。

しかしある意味、「個人が勝てるジャンル」での競争は低下しそうです。
アフィリエイトは無理ゲーと思う人が増えるほど、
「勝てる実力がある人」は有利になる。

--

「企業ができること」は、個人はますます厳しくなってくるだろう。
今のうちから「個人しかできないこと」を攻めていきたい。
生き残りはかなり減ると思いますが、将来性は十分にあります。

以上、「アフィリエイトの将来性はどうなのか?」でした。

「アフィリエイト」の記事
ランダム

コンテンツ

どう&だいが副業でお金を稼ぐようです。